• ホーム
  • (超低用量ピル)ヤーズの副作用について

(超低用量ピル)ヤーズの副作用について

超低用量ピルは女性ホルモンである卵胞ホルモンの含有量が少ない薬です。
また第四世代の薬として分類され、避妊薬ではなく主に生理痛緩和や月経困難症(PMS)の改善効果を目的とされています。
このピルに該当するヤーズは2種類のホルモンが配合されており、そのうちの1つである黄体ホルモンがあります。

この黄体ホルモンには排卵を抑制したり、子宮内膜を厚くなるのを抑制する働きがあります。
子宮内膜には月経困難症を引き起こすプロスタグランジンがあるため、子宮内膜の増加を抑制することによりプロスタグランジンの作用も抑えられる効果があるのです。
そのため月経困難賞を緩和することができます。
またヤーズは冒頭で説明した通り避妊目的のピルではありません。
この添付文書にも避妊効果について認可されておりませんので注意しましょう。

女性にとってメリットがあるヤーズですが、残念ながら副作用もあります。
主な副作用としては、不正出血、頭痛、吐き気、嘔吐などの症状が挙げられます。
これらの副作用は、ヤーズに関わらず他のピルももられる症状で特に不正出血は珍しいことではありません。
これはヤーズ服用によるホルモンバランスが乱れて生じるためです。
これらの副作用は体が慣れてくる3ヶ月以内には治まることが多いといわれておりますが、心配な場合は医師へ相談するようにしましょう。

ヤーズの副作用で最も恐れられているのは血栓症です。
血栓症とは、血管の中に血の塊・血栓ができ、この血栓が体中の血液に運ばれ、肺や脳などの血管を詰まらせてしまう病気です。
こちらも超低用量ピルでも起こりうるとされておりますが、ヤーズは死亡例もあるピルのため特に注意が必要です。
血栓症が疑われる症状は、ふくらはぎの痛みやむくみ、激しい腹痛、息苦しさや胸の痛みがあります。
特に血栓は足の静脈にできやすいので、足に急激なむくみや痛みが出ることが多いです。
また腹痛は生理痛とも間違えやすいですが、ヤーズ服用により痛みが緩和されることが多いのでこちらも注意しましょう。

血栓症は早期に発見し、正しい治療をすることで消失できます。
このような症状が出た場合、ただちにピル服用を中断し、すぐに近くの病院へ行くようにしてください。

ヤーズの服用による副作用の対処法について

このような重要な副作用があるヤーズですが、もちろん予防法があります。
この副作用で恐れられている血栓症ですが、この血栓症の危険リスクとして喫煙や肥満が挙げられております。
特にピルを服用している人の喫煙者と禁煙者を比べると喫煙者が血栓症のリスクが2倍以上になります。
ピルを服用しようと思っている方は健康のためにも禁煙に努めましょう。

その他にも長時間の飛行機移動や高血圧の方、今高血圧でなくても家族に血栓症になった人がいる人なども危険性を高めます。
加齢によってもリスクが高まりますので気をつけましょう。

このようなリスクを抱えている人でもヤーズ服用を安心して利用することができます。
まず日常生活において水分を適度にとり、適度な運動を習慣づけることが大切です。
血がドロドロになると血流が悪くなり血栓ができやすい状態になるため、水分をしっかりとりましょう。
運動も高血圧を下げる効果があるとされておりますので、ウオーキングなど自身にとって継続的にできる運動を見つけて実践することを推奨します。
また納豆は納豆に含まれる納豆キナーゼが血栓を溶かすといわれており、代表的な血栓予防の食品となっております。
このように日常の生活習慣を見直すことで簡単に血栓予防をすることができます。

移動中や仕事中など同じ体制で座ったままの状態が続く場合は、足首を動かすなどの座ったまま可能な運動を心がけましょう。
またこのような時に弾性ストッキングを取り入れると便利です。
これはエコノミー症候群やむくみ取りに利用される医療用ストッキングで近くのドラッグストアで購入することができます。
手軽な予防法なので長時間の飛行機移動も気軽に取り入れることができるでしょう。
また血栓予防として日々着用することも効果が発揮されます。