• ホーム
  • トリキュラーでニキビを改善することは可能?

トリキュラーでニキビを改善することは可能?

アフターピルは妊娠を望んでいないものの、妊娠のリスクが高い方法でセックスしてしまった場合に72時間以内に服用すれば妊娠しなくて済むという緊急避妊薬です。
国内では婦人科に行く事で手に入れる事が出来る薬であり、望まない形での妊娠を避けたい女性には強い味方となる薬です。

そんなアフターピルには大量の女性ホルモンが含まれており、服用する事で体内の女性ホルモンを急激に増やす事が可能です。
人工的に生理を起こす事により、避妊するという仕組みです。
基本的に男性が避妊具を使用せずに性交を行った場合に、服用する女性が多いです。
特に危険日の場合は、妊娠してしまう確率が高いため急いでアフターピルを服用するという女性が少なくありません。
逆に安全日ならば、多分大丈夫だと考えて服用しない人もいます。

アフターピルの服用は、望まない妊娠を避けるために有効な手段ですが強引に生理を起こさせる薬です。
そのため体への負担は軽くなく、頭痛や吐き気や腹痛等の副作用が生じる事も珍しくありません。
そのため出来るだけ服用は避けたいと考える人も少なくないので、安全日ならばわざわざ服用しなくてもいいだろうと甘く見たりします。
ただし安全日や危険日というのは、個人差が非常に大きくきちんと把握出来ていない女性も多いです。

安全日と危険日を把握する方法としては、福さん式を活用する事をおすすめします。
福さん式では子宮口やおりものをチェックする事で、安全日と危険日等の予測をかなり正確に行う事が可能です。
逆に言えば福さん式できちんと排卵周期を確認している訳でもなく、何となくで安全日や危険日を見分けている人は注意が必要となります。
正確に把握出来ていない可能性が高いので、安全日だからと安心してアフターピルを服用しないでいると望まない形で妊娠する危険性があるので注意すべきです。

そもそも安全日や危険日というのは、妊娠し易いかし難いかという確率に過ぎません。
本当に妊娠を望んでいないなら、男性側の避妊なしで性交を行うべきではないです。
更に男性側が避妊せずに性交を行った場合には、安全日でも油断せずにアフターピルを飲んでおいた方が安心だと言えます。

妊娠したかも?自己判断はできないの?

望まない妊娠を防ぐためにはたとえ安全日であってもきちんと避妊しなければなりません。
安全日であるからといって避妊をせずに性行為を行えば当然妊娠の可能性があります。
そのため、避妊をせずに性行為を行ってしまい、妊娠したくないのであればアフターピルを服用することが大切です。
アフターピルを服用すれば高い確率で避妊に成功します。

安全日や危険日を知りたい場合には「福さん式」という方法があります。
福さん式では実際に自分の指を膣内に入れ、自分でおりものや子宮口の状態を確認して妊娠しやすいかどうかを調べる方法です。
子宮口のまわりを指で一周し、指を少し丸めるようにしておりものをとります。
指のはらをつかうなどしてオリモノを拭い取るようにします。
その際、子宮口の様子を確認します。
特に、妊娠しやすい時期(排卵日の2、3日前)の子宮口はゆるく開いていて下の方まで下がってきています。
排卵期は子宮口の状態も柔らかくなるので、福さん式で安全日や危険日を知りたい場合には、子宮口の様子をきちんと確認することが大切です。

福さん式では、おりものを確認することも大切です。
生理直後のおりものはサラッとしており、粘り気がないことが特徴となります。
おりものの量そのものも少なくなることが特徴です。
生理終了日〰排卵前の卵胞期では、おりものの量が少しずつ増えていき、色も乳白色となります。
排卵一週間前〰排卵直前の排卵期ともなると、おりものの量が最も増え、透明で水分が多く、卵白のようになります。
その際、指でおりものをつまむととろっとした状態であることが確認できます。

ただし、福さん式を活用しても確実に安全日や危険日というものを確定できるわけではありません。
安全日や危険日というのは非常に曖昧なものです。
そのため安全日だから絶対に大丈夫と言うこともありませんし、危険日だから絶対に妊娠するということもありません。
妊娠を望まないのであればそれらに関わらずきちんと避妊をすることが大切です。
そのため、望まない妊娠をしないためには安全日であってもきちんとアフターピルを服用する必要があると言えます。